ルアーアクション

長くスプーンのただ巻きしか知らなかった自分ですが、相手は生き物。一つのアクションよりも幅広いアクションのバリエーションがあった方がチャンスは多いはずです。


この時の自分の考え方としていろいろなアクションなどを試すにはサクラマスはチャンスが少ない魚なのでたまにしている管理釣り場での釣り方が参考になるような気がします。


管理釣り場でのテクニックは様々なものがあります。お金を払えば一年中魚を狙えるという環境にあり、エリアが小さく魚もスレやすいところから釣り人に研究されている釣りの一つです。自然の魚とは違う環境におかれた魚達ですが、野生のものと性質はそれほど変わらないと思います。レインボートラウトや岩魚、山女、ブラウントラウトなどサクラマスと同じ仲間の魚達です。


縦釣りと呼ばれるスプーンのリフト&フォールをさせるアクション。スプーンのトウィッチ。デッドスロー。底のズル引き。早引き。これらのアクションも同じ仲間であるサクラマスにも通用するものなのではないでしょうか。


サクラマスはワンヒットのために長時間ルアーを引かなければなりません。一日中リフト&フォールをさせると体力は削られますので、適度にワンポイントでアクションの中に組み込ませることで効率を上げる事ができるでしょう。


他の釣りと同じく、低活性時ほどスローなアクション。活性が高いときほどスピードをアップさせれば魚もその動きに口を合わせやすく、釣りの効率も上がるでしょう。基本的には人が歩く速度くらいのリトリーブにしています。低活性時は流れに任せてスプーンを底を転がせるようにするとヒットする事もあるようです。


しかし川に入ったサクラマスは捕食をほとんどしない魚といわれていますのでいわゆるリアクションで口を使わせる釣りであるといいます。活性に関係がなく口を使わせるアクションもある事でしょう。


ミノーのアクションについてですがリアクション中心ということもあり、トウィッチによるイレギュラーアクションを意識しています。それ以外にジャーキングも使うことが多いのですが、余程の高活性以外は魚にアピールする時間を多くしたいためにポーズを入れたトウィッチが中心です。ポーズは1秒程度でそれ以上の時間は魚に見切られるような気がしています。トウィッチの竿のふり幅は静かに小さく、大きすぎないアクションが好みです。トウィッチの自分なりのコツとしては竿を振った瞬間すぐに糸を張らずに少し緩めてルアーにアクションの余韻を残すことです。この方がルアーの動きに不自然さがなくなると考えています。




今スプーンについてどういう使い方をしているかというとただ巻きです。

シーバスにおいてもそうですが状況によりますが最強はただ巻きではないかと思っています。

ただ巻きと言っても奥が深いものです。

流れの速さに合わせたリーリングがあります。早い流れの時にはゆっくりと流れを受け止める回転しすぎないリトリーブ。

流れが緩やかな時にはスプーンが泳ぎ切るスピードでのリーリング。

また川の流れも一定ではないため一投の中でその箇所によって早さを調整して巻く事も重要だと思っています。

このただ巻きをコントロールできることはサクラマスのヒットに繋がる事、一つのテクニック的な事だと思います。


ミノーはどういう巻き方をしているかというと今はただ巻きの中にトウィッチを入れたやり方です。

ポーズを入れる事も有効になる場面もあると思いますが、ただ巻き&トウィッチングが今のところヒット率が高いかなと
思っております。

やはりルアーのヒラ打ちを入れたリアクションバイトを狙った釣り方です。


2017年5月8日







戻る